2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



複雑な一日

でも気持ちは穏やかになれたので、やっぱり某氏のパワーには敵わないんだとも思う紗雪です。

















朝から嬉しい偶然が。
いつものよう出勤し、目に留まったのは少しだけ疲れたような後姿。
眠そうに背中を丸めてエレベーターを待っている。
首を傾げたような仕草で目的物を見ている、その後姿が好き。

少しだけ、ほんの何秒かだけ交わした会話。
そんなのだけで笑顔になれちゃうんだから、私って簡単・・・。
でも朝から嬉しかったからいいんです。
朝、一番最初に会話したのがあの人なんてさ☆


でも、お昼に自分的にはちょっとショックな事実を知り、希望がちょっと消えた・・・。
チャンスはもうないかなー。


前から私に何かを渡す時、右手で差し出し、左手でジャケットを抑える仕草が好き。



仕事を定時で上がり、渋谷へ。
某氏と会いました。
うーん、いい男だな。
ちょっと眺めていたかったぞ、あのシチュエーション。

Image00611.jpg

席に着くと同時に「バレンタインのお返し★」と渡された花束。
某氏の尊敬するところはここ。
普通男性にはできないようなことを、さらりとやってのける。
私としては毎回サプライズ。
今年のバレンタインは差し入れした人も含めて3人にあげたけど、一番お返しを期待してなかった某氏からお返しをもらって、一瞬どんな反応したらいいのか固まってしまいました・・・。


「誕生日プレゼント」と1輪の向日葵を片手に歩いてきたり・・・なかなか普通の男性にはできないことだと思うんですが・・・素敵ですね。


伝えること、決めることを真面目に話をしていると、ふと思い出したように・・・
「そういえば紗雪は、いつ?」

「ん?いつにしましょうか?」

「おい(笑)さっき渡したでしょ、ちゃんと見てなかった。いつ?」

「最後だよ。」

「良かった、OK」

その話が終わると
「最近はどうなの?仕事キツいの?」

まさか仕事の話が出ると思わなかったので、驚きましたが・・・。
「どんな仕事やってんの?俺に解る?」
と、今まで言わなかったようなことを口に出したので、どーしたのかと思いましたけど。
なかなか私に対して仕事のこととか気にしなかったくせに。

まぁ仕事の話をするいい機会だったのではないですかね。


愚痴も聞いてもらってね。



今日も思い出してはイライラしてましたが、そのイライラが解消したのは、やっぱり某氏の笑顔だったわけでありました。
あの人の優しい声に朝から和んで、「悪夢」ばかりでないことを少し感じられたので、笑顔を絶やさずに頑張りたいと思います。

「お前は頑張ったんだから、もういいんだよ」

それで救われる。



あぁ、越谷、外れました・・・。
一般でどーにかなるものでしょうか。
あとはプレオーダー?
いつだ・・・イープラス、ぴあ、フリップサイド。


あの人のことを某氏に話した。
「協力でることはするから頑張れ」って言われた。
あとは「それが出せれば可愛いのに」って言われた(笑)
出せないのが私でしょーが(笑)

「職場ではちょっと声を作ってる」って話をしたら、「今作ってみ?」だって。
「ま、俺の前では作らなくていいけどね。」
それが楽なんだよね。

あの人も「作らなくて、そのままでいい」って言ってくれたなぁ。

「変われ、変われ」って無言の圧力ばっかりかかってた時期が続いてたから、楽になったし、嬉しかったなぁ。




今日、母親が美容室へ行ってきた。
「Nくん、今月末でやめるんだって」

大ショック・・・。

「予約入れてもらってよかったです」
って言ってたって。

「娘に連絡先持たせるから美容室決まったら連絡して」
って母親が言ってきたらしい。
当たり前、住所置いてきます。

少しくらい遠くなってもNさんにやってもらいたいもん。
少しくらい高くなってもNさんにやってもらいたいもん。


来週は色々話をしてこようっと。
Nさんも心配してくれてたみたい。
「Nくんが仕事慣れたんですかねって聞いてたよ」
って。



明日は・・・朝どうだろう。
ちょっと期待はあるけど・・・。


明日もけっぱれ。




したっけ。

 日記



<<3月18日のお弁当。 | Top | 私らしくあるために。>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。