ロス・カルカスコンサート(練馬)



2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



秋田、大阪、広島と飛び歩いた紗雪です。




















GetAttachmentajsuer.jpg



行ってきました。

チケットはぴあで購入。
5500円、手数料がいくらか。
6000円くらいです。

練馬文化センターは以前「義経」を見た時に大ホールへは入りました。
小は初めて。


プログラムが欲しければプログラムが掲載されたオーラ!アミーゴスを買えとのことでしたので、買わずに。
だって800円から1,000円って高いべ。

階段付近にプログラムの貼りだしがあったので写メだけしてきました。
ダメって書いてなかったし。


GetAttachmentkuieur.jpg




さて・・・。
初の生カルカス。
不安と期待と・・・。


上手より
エルメール氏
リン氏
ガストン氏
マコト氏
ゴンサロJr氏

メンバーのパック上手にドラムス、下手にベース。


以下、私の独断と偏見からの感想です。



まずはメンバーが舞台に出てきたときのご年配層の黄色い声援に驚きました。
ペンライトにも・・・ジャニーズ張りのキラキラうちわにも・・・。

私はカルカスの演奏を生で聞いたのが初めてですので、いつもカルカスがどんなコンサートをしているのかも知らないし、客層も解らない状態でしたが・・・。

前方の両サイドで最初から最後までずーっと立ったまま踊っている人とかを見て、「座っていただけないかな」と普通に思いました。


以前「エビータ」を見ていた時、隣の人がオープニングからずっと歌を口ずさみ、うるさくて気になってしょうがなくて、係員の方に「こういう状態なんですけど」と言ったら、「お客様の楽しみ方はそれぞれですので。」と言われたことがありますが・・・。
友人にその話をしたら「普通は周りのお客様にご迷惑ですのでって注意してくれるはずなんだけどね・・・」と言ってましたが・・・。

でもさ・・・「お客様の楽しみ方はそれぞれ」って・・・。
じゃあいっしょに歌うのも、観劇中喋るのも、寝るのもOKってことですよね?
と、不満を感じた時がありました。

「お金を払っているんだから、どんな見方をしてもいい」という解釈にもなり兼ねない気がするんですが、それを言われるなら「私もお金を払っているんですけど」と言いたくなります。

アンコールなどで盛り上がってスタンディングとかは全然いいんですけど、最初からって・・・。


途中もダンサーとして登場した方たちが、客席中ほどの通路に躍り出ていましたが・・・邪魔です。
私は歌っているエルメール氏が見たいんです。メンバーを見ていたいんです。

盛り上がるのは解るけど、客の視界を遮るようなことはしないで頂きたかった。
やるなら後ろでやって。
曲が終わってすぐにしゃがんでいましたが、そこでその気遣いするなら最初から前に出てこないで・・・と思いました。


3曲目が終わった時点でご年配の方々が何人か静かな怒りを漲らせながらお帰りになりましたね。
あからさまに怒っていらっしる方もいらっしゃいました。


正直、私も何度か席を立とうと思いました。
最後まで聞いていたのはチケットに印刷された金額と、想像以上だったエルメール氏とガストン氏の歌声があったからです。

亀戸に行くのはこの時点でやめました。
とりあえずチケットの引き取り手は探していますが、ミュージカルのように譲渡サイトがあるでもなし、フォルクローレ関係の知り合いが多数いるでもないので・・・。
10,000円出しているのなら、這ってでも行って、意地でもエルメール氏とガストン氏の歌声だけを救いとして行きますが・・・5,000円くらいならという思いがあります。

極めつけは千春のコンサートチケットを譲っていただけることになったからというところですか。
カルカスも次にいつ聴けるか解りませんが、どちらを選ぶと言われたら・・・迷わず千春を選びます。


カルカスコンクールで映像を見た時に、コンサートへ行くのはやめておくべきだったのかもしれません。
18年前の映像と同じ演奏を聞いたしていた自分がいたのでしょう。
自分がいつも聞いているのも「初期」と言われるものであるので、その期待が完全になかったとは言いきれません、むしろあって当然だったと思います。

最近のカルカスとして次に流れたジャニーズのコンサートのような映像に愕然としたのも正直な感想です。
カラー風船が飛び、鮮やかな照明、ドラムスのリズムに、エルメール氏が一言発するたびに上がる黄色い声援。


どの曲がどうだというのは、はっきり言って解りません。
ただ3曲目の冒頭で聞こえたドラムスのソロで悲しくなったんです。
私が好きだったのはこのサウンドだったかしら?と。


ただ・・・そんな気持ちになる中でも、エルメール氏の歌声とガストン氏の歌声は素晴らしかったです。

第一声を聞いた瞬間から鳥肌が立ちました。
それなりの年齢のはずなのに、歌声が全く衰えていない。
透き通ったような声に、驚異の肺活量、あの声が聞けたというだけで・・・。

日本用にということで「Llorando se fue」をやってくれたんでしょうが、もちろんガストン氏が歌ったわけです。
ファルセットでね。
でもほとんど客席に歌わせていたので、ガストン氏のファルセット堪能できず。
そこはがっちりとガストン氏のみで歌声を聞かせてほしかった。
みんなで歌うのは「Wa ya yay」のみでいいじゃないですか。


休憩が明けると両サイドのスタンディングが人数が増えた上に勢いを増し・・・若干ペンライトやキラキラうちわにイラッときましたが、演奏が始まれば、歌が始まれば私は1点集中でエルメール氏かガストン氏しか見ていなかったので、もう良しとしておきます。





変わらないものはないんだなと痛感しました。
世の中のものは常に動いていて、変化しないものはないんだと。


変わらないものを期待していた私の考えがおかしかったんだと思います。
でも、変わったものを見せつけられて、とても悲しかったのは正直な感想です。
変わったとしても、それを良しとして受け入れられたなら、きっと周りで踊っている人やペンライトに苛々することもなく、自分自身も楽しく乗れたんだと思います。


ただ、今回の演奏を聞いて嫌いになったわけではありません。
2度と聞かないと思ったわけでもありません。
やはりエルメール氏とガストン氏の声は好きだし、それぞれの楽器のハイレベルな演奏は聞いていたいのです。


ただ、コーラスは微妙でした。


CDを予約購入はしてきました。
多分、現在のサウンドが収録されているのだと思いますので、また同じように期待と不安は入り混じっていますが、それはそれで。


私の素直な感想です。




したっけ。

 日記



<<自分なりに | Top | この手で選ぶ人生なら悔いなどない>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。