それぞれのコンサート・鹿賀さんバージョンとAlfred Dunhill



2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



行ってきました。

フォーラムCの入り口でシンちゃんと待ち合わせ。
「入口にいるぞ」とメール入っていたのできょろきょろ。
いたー★

「シンちゃん!」


と、声をかけると。


「あー、確かに痩せたね。うんうん、見た目にも解るわ。」


嬉しいですねぇ★
シンちゃんは気を使える人だから、何か言ってくれるだろうとは思ってましたが(笑)



GetAttachmentconcertkaga.jpg






GetAttachmentkagaw.jpg


パンフを買って、席に着く。
実は出掛ける前に曲目が知りたいと思って色々と検索したんだけど、どーしてか「あんな歌やこんな歌」としか出てない。
ネタばれダメなの?(笑)
いや、パンフにはちゃんと曲目は載っているんですけどね。


GetAttachmentkaga.jpg





追記にネタばれありで感想書きます。



で、終わってからシンちゃんと別れ、時間があったので銀座方面へ。
目的はAlfred Dunhill
もう実物を見て、取り置きをしちゃえば買わざるを得ないだろうと。


店に入るとイケメンな店員さん。
各ブースに展示されているのを見ながらちょろちょろしました。

でも、見て歩くのが面倒になって、近くの店員さんに

「すみません、今、長財布を探していて、いくつか見せていただきたいんですけど。」

女性の店員さんだったのですが、とっても親切に対応してくださり、10種類くらいの財布を見せてくださいました。
その中で一番最初に目を引き、一目惚れをしたのが、昨日の日記にも捨てがたいと書きましたファセットウッド。

手にも馴染むし、とってもいい色合い。
限定とのこと。

で、決めてきました。
まだ購入はしてないですが、取り置きしていただいてます。
今月中なら取り置きが出来ると言うことでしたので、今月いっぱい取り置きしていただき、給料出たら購入しに行きます。


とりあえず購入しに行ける予定としては26日のネイルの前か、28日の日曜日。
もしくは最終週の仕事終わりですね。


はい、決めちゃいました。
買いますよ、Alfred Dunhill
憧れの。



黒もすごく魅かれたんですが、やっぱり実物見ると変わるものですね。
ファセットウッドを一目見たら、もう「これがいい」ってなっちゃって、黒の馴染みを確認するのに手に持った後もファセットウッドばっかり見てました。


ようやく、壊れた財布からAlfred Dunhillへ。
「長く付き合える財布を探しているんです」と言ったら、「素敵なパートナーになりますよ」と言われました。
そうなりそうです。





さて、今日から必死で働かないとね(笑)
給料日を楽しみに、今は仕事したいと思います。


出費的には痛いですが、しょうがない。
この手で選ぶ人生なら悔いなどない!



ダンヒルの場所も解ったところで、購入した時にはカフェに案内していただこうと思います★
だから、何かのついでに行くのはやめとこうっと。
ちゃんと時間のあるときに購入しに行くことにします。





さて、シンちゃんにいいものをもらいました。
バレンタインあげてないのに(笑)
DVDをいくつかもらいました。

1枚はこの間の皆既日食のDVD。
行ってきたのは知っていて、DVDも「欲しい」と言っていたんですが、覚えていてくれたみたい。
まだ見ていないので、時間のあるときにゆっくり見たいと思います。


あとはビリーを貸してくれました(笑)
コアリズムより簡単そう、やるぞー、今さら(笑)


嬉しいなぁ。
奥さん公認のデートだけありますね(笑)
来週は奥さんにも会えそうですよ、同じ場所にいるからね(笑)
上から発見したいと思います。


シンちゃん、ありがとー★
またよろしく(笑)




で、ダンヒルの後に並びにあったからという理由でカルチェに入ってみました。
めちゃくちゃ素敵なリング発見。
高ぇぇぇぇぇぇぇ!!
思わず笑いました(笑)
めちゃくちゃ可愛くて綺麗で素敵でした★
あんなの買おうと思うなんて夢のまた夢ですね。



でもカップルがたくさんいて、男子が女子に買ってあげてましたよ。
ホワイトデーのお返しかな?一体バレンタインに何をもらったんでしょう?(笑)



その後は大人しく帰宅しました。


さて・・・感想に行きましょうかね。


鹿賀さんのおかげで苛々緩和、不完全燃焼解消。
最近はちゃんとお口直しが近くにあるからいいね。


鹿賀さんは「凄く歌が上手い」わけではないと思うのですが、依存性と中毒性が私にとっては激しいです(笑)
やっぱり歌ってどれだけその人が好きかということと、味があるかってことなんだろうなぁ。

「シラノ」再演切実希望。
「ジキル&ハイド」復活切実希望。
「ジーザス」「ウエストサイド」東宝でやっちゃえっ(笑)


短いと感じた約2時間、誘ってくれたシンちゃんに本当に感謝です。
いやー、色々緩和されて明日からも頑張れそうです。



↓以下ネタばれありです。




それぞれのコンサート「鹿賀丈史バージョン」


M1 オーヴァチュア
M2 「ウエストサイド物語」スケッチ
M3 Something's comin'「ウエストサイド物語」より

<マイ・ライフ・オン・ステージ>
M4 マイ・フェイバリット・シングス
M5 イエスの台詞「ジーザス・クライスト=スーパースター」より
M6 カフェ・ソング「レ・ミゼラブル」より
M7 愛が心に忍び込むから「ペテン師と詐欺師」より
M8 見てごらん「ラ・カージュ・オ・フォール」より
M9 独りで~Soon「シラノ」より


M10 チェイン・ソング~対決「レ・ミゼラブル」より
M11 人生はショータイム「ペテン師と詐欺師」より
M12 アイム・フライング~ネバーランド「ピーターパン」より
M13 砂に刻む歌「ラ・カージュ・オ・フォール」より
M14 「ジーザス・クライスト=スーパースター」メドレー
   彼らの心は天国に~ゲッセマネの園~ヘロデ王の歌
M15 トゥナイト「ウエストサイド物語」より

M16 野獣死すべし~Let it be(悪霊島)~疑惑~東京の花売り娘(麻雀放浪記)~黄金の日日~徳川家康~翔ぶが如く~Left Alone(キャバレー)~木村家の人々~料理の鉄人


<ラヴ・ソングス・オブ・フィーメールシンガーズ>
M17 異邦人~紅とんぼ~泣かせて~PRIDE~みだれ髪

M18 Evermore Wihout You「ウーマン・イン・ホワイト」より
M19 ジキルの研究室の外~時が来た~変身~生きている(リプライズ)「ジキル&ハイド」より
M20 彼を帰して「レ・ミゼラブル」より
M21 星よ「レ・ミゼラブル」より



パンフに載っているプログラムです。

今回のゲストは市村正親さん、笹本玲奈さん、田代万里生さん。


イエスの台詞ですが、なんかジーザス役が声が高いってイメージがあったのでなんとなく、鹿賀さんってイメージ湧かなかったんですが、すごいゾクゾクした・・・。
かっこいい。

そしてレミから「カフェ・ソング」
最初「え?」って思いました。だって鹿賀さんって言ったらジャベールかバルジャンでしょ?
でも、すごくいい・・・。
最近カフェ・ソングで号泣するってあんまりないんですが・・・ボロボロ泣かせていただきました。
すごい味があり、落ちついたマリウス。
鹿賀さんくらいの人がカフェ・ソング歌うとすごくいいんだなぁって思いました。



ラ・カージュは見たことがないんです。
でも「愛が心に忍び込むから」がとっても素敵でした。
可愛らしい歌だなって微笑ましくなりました。

いや、この時点ですでに鹿賀さんに恋してる自分。


そして・・・そして・・・。
「シラノ」だぁっ★
待ってました、待ってましたぁっ★

「まっぴらだ」と聞いた瞬間・・・フッと頭の中で映像が。
周りのストップモーション、綺麗な照明。
「人の心は」からもあの散っていた照明がだんだんとシラノに集まるという動きが見えるようで感動しました。


そして大好きなフレーズ。
「この手で選ぶ人生なら悔いなどない」

シラノで何度もこのフレーズ聞いて、本当に納得した歌詞です。
大好きです。

そしてSoonですが・・・。
落ちついて聞くとこんな感じの歌なんですね。
あのクリスチャンが死んでからのシラノの心境がすごい好きです。

「もう書きたい詩もない」
「見上げけりゃ儚い真昼の月」

好きなフレーズが一番詰まっている曲です。

因みに本日はムーンストーンで行きました。
シラノがあると思ったので月を身に着けて行ったんです。



はい、「対決」
一人でジャベールとバルジャンをということで楽しみにしていました。
ジキルとハイドばりに声を変えて歌って行く鹿賀さん。
でも分かれて歌っているときはいいけれど、二人が重なるときは?
分かれるパートに入った瞬間、鹿賀さんが歌っているのはバルジャンのフレーズ。
でも一緒に聞こえてくるジャベールのフレーズ。
今までセンターに立っていた鹿賀さんが身体を傾けて上手方向を見ています。
目をやめると上手から出てきた市村さんが鹿賀さんに向かって歌いながら鹿賀さんにじりじりと歩み寄るように階段を鹿賀さんのほうへ登っていくではないですか。

一気に緊張感。

二人の掛け合いで一瞬重なるところ「ジャベール」ですが、お二人は怒鳴らず、強くもせず、普通に歌い「ジャベール」とユニゾン。
あ、これ・・・とっても素敵。
今さんと今井さんの「ジャベール!!!」の重なり方も好きなんだけど、超えたかも。



「これだけは誓う」からは、また鹿賀さんが一人でジャベールとバルジャンを歌い分け。
「やりとげよう」は一文字ずつジャベールとバルジャンを歌い分けていました。

鹿賀さんのジャベールの声好きだわ。




ジーザスメドレー。
初の鹿賀ジーザス。
出だしの台詞で、大分期待してました。

すごい良い・・・。

因みに「彼らの~」は田代さんで「ヘロデ」は市村さん。
ヘロデでは市村さんの軽快なステップ~★
還暦過ぎたのにガンガン踊っちゃう市村さんすごい。

「トゥナイト」
あーマリアになりたい。
マリアの玲奈ちゃんが上段センターにいて、トニーの鹿賀さんが下段下手にいます。
下手から上手に移動し、階段を上ってマリアの方へ・・・。

あぁ・・・絶対玲奈ちゃん目線で見ていたら、本気で鹿賀さんに恋する。
ってかした。
台詞ありでした。

「トニー!」

「トニーって本当はなんていうの?」

「・・・アントン。」

「大好きよ、アントン。」

「大好きだよ、マリア。」


鼻血が・・・(笑)
一度でいいっ、鹿賀さんトニーと向き合わせてください(笑)
マリアをやりたいとか我儘言わないから、トニーの鹿賀さんと向き合わせてください!!

この鹿賀トニーで完全に鹿賀さんに恋しました。



「砂に刻む歌」だったかな?
市村さんが鹿賀さんと腕を組んでリードされるようにして出てきたんだけど、鹿賀さん、かっこよすぎですって。
スマートな物腰、市村さんを見る優しい瞳・・・いーなぁ。
あんなふうに鹿賀さんにエスコートされたらどこでもついてっちゃいますけど(笑)

ラストにはけるとき、スッと当たり前のように市村さんに笑顔で腕を差し出す鹿賀さん。
してもらいたいっ!鹿賀さんにしてらたいたいっ!!


「ジキル&ハイド」
ジキルの研究室の外・・・まさかここから始まると思いませんでした。
市村さんがアターソン。

「おやすみ、ジョン」

この言い方、すごい好きなの。
で「時が来た」
これは先日のオリンピック、フィギュアスケートのエキシビション。
フィナーレで元フィギュアスケーターの男性が歌っていましたね。

で・・・?
ファースト・トランス・フォーメーションがまさか聞けるとは思わず。
鹿賀さんがハイドに変わる瞬間、顔を下げてスッと立ち上がり右手を高々と。
「誰なんだ、俺は・・・俺はハイドだ。」

そこからの「アライヴ」
やばい、やばい、やばい!!


ジキル&ハイド、是非鹿賀さんで再演プリーズ!!
これは鹿賀さん終わっちゃダメだよーーーーー。
また鹿賀さんで見たいよーーー。





ラスト2曲はボロボロ泣いてましたね。
バルジャンとジャベール。

贅沢。
星空をバックに「星よ」を歌い上げる鹿賀さんが本当に素晴らしかったです。



大大大大・・・満足な「それぞれのコンサート 鹿賀丈史バージョン」
行って本当に良かった。
聞きたいなと思っていた歌、予想してなかった歌、色々あったし、久しぶりに泣けた。


これで明日からも頑張れそうです★




でも、「シラノ」は本当に良かった。
あの2曲をチョイスしたのが鹿賀さんなのかは解らないですが、自分としては一番聞きたかった曲です。




それにしても鹿賀さんのかっこよさと言ったら・・・。
燕尾服で出てきて、タキシードに、グレーのジャケット、ピンクのカーディガン、赤いベストに黒のフロックコート。


鹿賀さんの身体のバランスってすごく綺麗で好きなんです。
そして鹿賀さんがグレーを着ている時が一番好きかも。
「シラノ」でもガスコン青年隊の緑より、バルコニーの衣装のが好き。


立ち方も綺麗だし、動きも綺麗。


鹿賀さんに恋した日曜日。
やっぱり紗雪は鹿賀さん好きです。



自分でも取っておくんだったな、このコンサートのチケット。


誘ってくれたシンちゃんに感謝。
素敵な日曜になりました。




リセットして、明日から頑張ります。






したっけ。

 日記



<<「おやおやぁ?」 | Top | ふと考える・・・。>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。