アッコルドーネ@三鷹芸術文化センター



2017.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



忘れないうちにサイン会の話だけでも…





並びは



ステーファノ・ロッコ氏
GetAttachmentstefano1.jpg


ファービオ・アックルソ氏
GetAttachmentfabio1.jpg


マルコ・ビーズリー氏
GetAttachmentmarco1.jpg


グイド・モリーニ氏
guidomorini.jpg


マウロ・ドゥランテ氏
GetAttachmentmauro1.jpg


フランコ・パヴァン氏
GetAttachmentfranco1.jpg



CDかプログラムを購入するとサイン会に参加できる。


昨日の王子ホールではプログラムは売っていなかったと思いました。


むしろ売っていたら、同じプログラムだけど昨日と今日で2冊購入してサイン会参加したと思うし(爆)



で、前が詰まってなかなか行かないので、一番手前のステーファノ氏を見つめてました。



このオッサンが、またリチャード・ギアみたいでかっこいいんだわ。


見てたら目が合った☆

おいで、おいでってしてくれたので、プログラムを渡しました。



で、私は握手してもらおうと思って手を差し出したら、ステーファノ氏が持っていたペンを


「(これ?)」


「Non」

と、更に手を差し出したら笑いながら

「僕のペンを取ろうとしてるのかと思った(笑)」

的なことを言ってました(笑)
そんなときでもNonしか言えない語学力のないワタシ。


ステーファノ氏と遊んでいたら、もう一人のリチャード・ギア、ファービオ氏が

「どうしたの?」

「いや、彼女が握手したかったのを僕がペンを取られるかと勘違いしたんだ(笑)」

「あっはっはっは(笑)」


との、イケメンオヤジーズのやりとり萌え。

あ、因みに会話は本当にそう言ってたかは解りませんよ(笑)


雰囲気で紗雪が勝手に解釈しただけです(笑)


で、3人で笑ってて、その間にサイン終わらせてくれたファービオ氏とも握手して、隣へ。



前の人が終わり、フッと私を振り返ってくれたマルコ氏。
黒縁の眼鏡をかけていました。
目が合うと

「Grazie」

と、にっこり
サインをしてくれて、握手を求めたら

「Arrivederci」


と、握り返してくれて、わざわざ立ち上がって一礼までしてくれました★



隣はグイド氏。
マルコ氏がさらーっと横へ流した私のプログラムにサインして、にこっ☆


「ぐらっつぇ」

↑こんな感じで言ってみた(笑)
笑われた(笑)


隣はマウロ氏。
一番若いよね。

ちょっとお疲れ気味かな?って思ったら、目が合うなり、にこぉーっ


笑顔がちょーキュート


自分の名前の上に丁寧にサインしてくれて、マウロ氏から手を差し出してくれました。

近くで見ると大分イケメン。



そして最後にフランコ氏。
でも横からおばちゃんに話し掛けられていて、私がちょっと待ってたら、気づいてくれて


「Buona sera」


おぉ、低音が最高に素敵ッ
最後にフランコ氏にやられました。

でも相変わらずサインが、ただの一本線に見えるのは私だけですか(爆)




昨日よりも、調子は悪くなかったのか、声の伸びが素晴らしかったです。



でも今日も


「ごめんね、暑かったり寒かったりで声がパーフェクトじゃないからインストゥメンタル入れるね」


とのことで、3曲ほどインストゥメンタルが入りました。


マウロ氏の即興が、昨日より大分激しくて素敵でした。



ステーファノ氏の最後のソロ伴奏が優しくて。

ファービオ氏のリュートソロがすっごい良かったです。


フランコ氏のテオルボにキスするみたいな弾き方に萌え。


グイド氏の静かでも、存在感のある伴奏になんだかグッときました。


マルコ氏の声は昨日に比べて力強い部分もあり、優しく響き、澄んだまま伸びていきました。

一瞬高く上ったかと思えば、次の瞬間にはスッと上りもしなかったかのように元の音に戻ってきました。


昨日以上に中性的でセクシィでした。

多分、比べたら、昨日が天使の歌声だったんだと思う。

今日は悪魔のようにミステリアスでセクシィで魅力的でした。





近づいてはいけないんだけど、惹かれずにはいられない…そんな響きが昨日よりあったと思います。



すごいゾクゾクきた。



昨日はマウロ氏がヴァイオリンを使ってメインを取ったアンコールだけで終わってしまったので、マルコ氏の歌声では終われなかったのですが、今日はそのアンコールのあとに、プログラムのナンバーからアンコールとして歌ってくださったので、最後までマルコ氏の歌声に酔いしれて終われました。



結局内容の感想も書いちゃってますが(笑)




素晴らしかった2日間。

兵庫も取るべきだったか(←どんだけ)





次に来日するのはいつかなぁ。


アッコルドーネは週一で聞きたい古典ですね。



なかなか古典って時代背景とかも解りづらいし、聞きづらい感じもあるけど、アッコルドーネは勉強嫌いな紗雪でも、ちゃんと美しい響きを聞けるからいいですよ。





またテレビ放送するかなぁ。
でも今日は途中でケータイ鳴ったから、やるとしたら王子ホールのかな。


内容は昨日と同じでした。



でも、2日間聞いてて思いましたが、マルコ氏の声って本当に独特なんだなって感じました。
全員で声をそろえて歌うナンバーがあるんですが、全員が一緒になってもマルコ氏の声ってポンと目立つし、響くし、伸びていくんだよね。

マルコ氏の声だけ聞くと、変な表現ですがどこにでもありそうな声って感じがするんですが、違う。

聞き終わった後にそれ痛感します。


とっても素敵な2日間。
明日で日本公演は終わりですが、明日も素晴らしい公演になるんでしょうね。


行きたいなぁ。
兵庫だけど、行きたいなぁ。
でも、ここって確か完売だったか残席僅かだったよね。


2日間とも2列目という絶好の(紗雪的には)場所で聞けて、とっても満足でした。


次は秋のヴィス氏かな。

こちらも楽しみです。





したっけ。

 日記



<<ずうっと一緒 | Top | ドイツから日本へ>>



ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。